格安航空券の基礎知識

一時期はパッケージツアーが海外旅行のデフォルトでしたが、今は自由に旅行することが一般的になっています。その主役になっているのが格安航空券です。

今回は【格安航空券の基礎知識】についてお話します。

格安航空券のイメージ チケット

格安航空券とはどういった航空券なの?

主に海外旅行に利用される航空券です。航空券の料金が自由化される以前に正規運賃の航空券に対抗するためにできました。パッケージ旅行や団体旅行の航空券の余った座席を旅行会社が安い料金設定にして販売していたのが始まりになっています。

航空券が自由化された後になると高額な正規運賃の航空券は公務やビジネス客の渡航以外に使われることはほとんどなくなりました。

現在では各航空会社の直接販売でも割引運賃航空券などの格安航空券が購入できる状態になっています。最近では国内航空券も含めて割引運賃航空券全体を表現する言葉として定着しています。

格安航空券の種類はどういったものがあるのでしょうか?

大きく分けて「個人用航空券」と「団体用航空券」があります。団体航空券は「GV」と呼ばれることもあります。「個人用航空券」には往復で発券するタイプと片道で発券するタイプがあります。

一般的には往復のものが多いです。主流になっているのが「フィックスチケット」で2種類あります。一つは個人包括運賃IITと呼ばれるもので、もうひとつは個人回遊運賃PEXと呼ばれるものです。

これらは往復の予約が事前に完了している特徴がありますが、これ以外にオープンチケットと呼ばれて復路の予約をしなくても良いものがあります。

このように格安航空券といっても色々な種類の航空券があるのです。このサイトではさらに詳しい説明をしてゆきます。

格安航空券を購入する際の注意事項

海外旅行に行く場合に格安航空券を利用することが多いと思います。インターネットでホテルも簡単に取れる時代です。あとは航空機の予約しておけば、自由に海外旅行ができるわけです。

格安航空券は安いだけに制約があれやこれやとあります。金額だけにとらわれることなくしっかりと理解しておくことが大事です。

今回は【格安航空券を購入する際の注意事項】についてお話します。

空港で搭乗時刻を待つ親子

1番目は表示料金に含まれない費用があることです。

航空券の料金だけに注目しがちですがトータルでいくら必要になるのかを把握しておかなければ予想外の出費になることがあります。

主に必要になるのが「燃油特別付加運賃」です。一般的には「燃油サーチャージ」と呼ばれることもあります。また、空港使用料・訪問地の空港税・訪問国の出入国税・保安料・航空保険料も必要になることがあります。

航空券に追加で支払うことも多いのでチェックしておきましょう。インターネットでの購入の場合は航空券の送料・空港受取手数料・緊急発券手数料・コンビニ支払い手数料が必要になります。

2番目は取消手数料や払い戻し手数料を確認することです。

日本出発前に日程変更したりキャンセルしたりする場合に手数料が必要になります。また日本出発後の日程変更やキャンセルについてもどのような条件になっているのかを確認しておきましょう。

3番目は予約の再確認(リコンファーム)が必要かどうかです。

往路のフライトで現地に到着した後に2区間以降や復路便が72時間以上離れている場合は予約の再確認をしなければなりません。

最近のIITやPEXの航空券の場合は不要なケースが多いですが、これも確認しておきたいポイントです。

『格安航空券の基礎知識』はいかがでしたでしょうか?

格安航空券を購入する際の注意事項をご紹介しました。リコンファームは遅延やフライトキャンセルなどの情報も事前にわかるのでできるだけしておいたほうがいいでしょう。

していなければ空港に着いてから発覚することになります。

■バニラエアの格安航空券をお探しなら
バニラエア(VNL)の格安航空券予約ならエアトリ
■URL:https://www.airtrip.jp/vnl/